福岡市警固にあるフラワーショップ・Ceriseオーナー 桜子のブログ
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Summer
 子供たちは夏休みにはいり、街の様子もいつもと違うよう。
夏祭りやプールなどで、真っ黒に日焼けしている子供も多いでしょうね。

週末はあいだ二人がおばあちゃんの所へお泊りで、一番上のお姉ちゃんと一番したの連との時間はなんともゆったりした感じがします。
自由に映画、とはいきませんが「スリーズ」のみんなでおいしいお酒と食事で楽しいひとときを過ごしたり、大切な友人の誕生日のお祝いをしたり、髪を切りに行ったり、ブーケをゆっくり創ったり、とここぞとばかりに出来る事をやります!

ひとりの子供の時はなんて大変で、なんて自分の思うように出来ないものかと子供は一人で十分と本気で思ってました。
が、2人・3人・4人とまさか!な感じで増えていくと、1人いないだけでなんて楽なのか、2人以内とすごーく楽チン、3人いないとかなり自由な感じがして、4人いないと・・・もう居てもたっても居られない感じでかなりアクティブに動くはず!!

一年に1回は、そんな時間があると素敵です。

おばあちゃんたち、どうぞ宜しくお願いします。

(まずは映画を観て、美術館にも久しぶりに行って、本屋ももちろん行くし、インテリアショップにも行って、マッサージやヨガもやりたいし、3日間時間があれば東京か京都に行って良いものを吸収したいな。)

それは、心の充電と栄養で、全てお花のためと自分を高めるため。

こういう事は、常日頃時間をみつけて上手くつくって、やっていかないとですね。

意識、視点を大きく構えると必ず出来るはずなので、やりたいやりたいではなくてやらないと!

と自分に再度言い聞かせるための日記でした。
夏のウエディング
 
夏のウエディングを挙げられる方は、大人な方が多い気がします。

結婚とは、これから先を二人で歩んでいくという意識のある方。

結婚式が全てではなく、これからの人生・生活を懸命に歩んで行きたい。

そしてどこか控えめな感じ。

ここ数年で、そんなことを7月、8月に感じている私です。

一緒に生活してみて、しばらく数年、十数年生活してみて、子供が出来たら育ててみて、子供がいなければ2人で生活してみて、これから先もずーっとずーっと一緒に居たいな、居られるなと心底感じれたときに、結婚式ならぬ大切な人達にご報告お披露目会が出来ればいいのかな、と思っている私です。
お茶とは
 
数ヶ月ぶりに、「お茶」復活。

久しぶりに訪れる先生のお宅は、やはり心が落ち着きます。

そして久しぶりにお稽古するお手前は、丁寧に心を込めて出来るものです。

おいしいお茶菓子と、お薄・お濃茶を頂く。

掛け軸にはなんと書かれてあるのだろう、今日のお茶花はなに。

とまた新たな気持ちで望めることを幸せに感じました。

といっても、本来はいつも常日頃平常心で迎えれるようになるのがベストなのかな?

きっとまだまだ本来のお茶の意味を認識してないのだろうな。

きっと場違いであったり、間違いもたくさんしてるんだろうな。

掛け軸や、お茶の道具の名前や、季節のことや・・・

知らない事がありすぎて、ただお茶を頂に行くだけではもったいないよなと改めて感じれた日。

といっても、どれ位の月日が過ぎれば一通りの流れが把握できるのか・・・

まだまだ先は長い、長い道のりです。

仕事でもなく、お家の中のことでもなく、ただお茶を習う事が楽しい今日この頃。

継続、継続、ガンバロー!
幸せのクローバー

小さい頃、四葉のクローバー探ししてましたね。

三つ葉はたくさんあるのに、四葉はなかなかみつからない。

四葉風な葉っぱが裂けたものはたまにみつけるんだけど・・・

本物の四葉はなかなかみつからず。

そしてふとした拍子に、「あっ」とみつけた時のじんわりとした嬉しい感じ。

おうちに持って帰って、なにかにはさんでたかな。

幸せって、大きな事ではなくてそんな気持ちの持ちようひとつなのかなといま思いました。

大きな事から小さな事まで、たくさんの側面で幸せを感じられる自分でいたいなと思いました。

真剣に挑戦する心も忘れずにね。 

雨音

 

雨音。

最近、雨ばかり。

夜の雨は怖い時もあるけれど、車の中で聴く雨音は一人の世界のようで好きな時間。

一人で過ごす午後の日の雨は、雨音が本に集中させてくれるようで穏やかな時間。

誰にも合わない日の雨は、自分と向き合える静かな時間。

音は雨音だけ。

色んな表情の雨音。

人間と似てるみたい。

バランス
 
仕事と子供とのバランス。

働く仲間達と子供とのバランス。

自分の時間と子供との時間のバランス。

突き抜けたい自分と守らなければと思う自分とのバランス。

2頭追うものは1頭も得ず。

そうだよなとも思うし、違ってほしいとも思う。

器用ではないので、二つの事を同時進行は本来苦手。

一つの事に集中したいし、突き抜けたい。

でも、一度にとっても大切なものが二つ現れたとしたら。

二つとも大切にやりたい、二つとも一番に考えたいと思う。

でもきっとそれは難しいのかな。

力とパワーが分散されるのかな。

いやいや、二つくらいでジタバタ言ってるほうがまだまだなのかな。

二つも三つも四つも一度に、しかもパワフルにやっている人もきっといるのかもな。

出来ていない事をそのせいにする事自体、言い訳かな。

まだまだ未熟者です。

両方中途半端です。

人の事をとやかく言う前に、自分の事をしっかりしろと自分に言いたい。

甘えてますね。

ハングリーさを忘れずいかなければと思います。

でも、子供の命を一番に守る事を忘れないようにしないと。

小さくて一人では生きていけない間は、命だけは何がなんでも一番に守らないと。

あとはそれぞれの人生を、めいいっぱい歩んで貰えばいいから。

そこを忘れないようにして、突き抜けるにはどうしたらいいのかな。

努力しかないか。
花の木
 
6月20日、「花の木」というフランス料理のレストランで、ウエディングがありました。

とっても素敵なお二人で、大人な雰囲気と落ち着き、美男美女で知識のある洗練されたお二人。

海外からご両親がおみえになり、親族さまでの会食会。

大堀公園内にある「花の木」は、歴史ある建物で趣のある空間。

お二人の雰囲気にピッタリの空間です。

ブーケもほぼお任せ頂いたので、私のイメージするお二人で創らせて頂きました。

品良く、どこかノスタルジックな雰囲気もあり、女性的で高貴で繊細なイメージ・・・

そんな女性の新婦様に合わせて。

気に入って頂けると幸せです。

「花の木」は大好きな会場の一つです。

大切な友人の結婚式も1ヶ月前にあり、キャンドルをふんだんに使わせて頂きました。

趣のある空間、心配りの素晴らしい温かなスタッフの方々、おいしいお料理、etc・・・

心ある、空間です。

愛と美の力
 
4月1日に、4人目の子「蓮」が産まれて早2ヶ月半が経ちました。

お店の近くに引越しをし、近々アトリエレッスンをスタートすべく準備中です。

まだ、お店にはほぼ立っておらず、自宅で出来る仕事や出張レッスン、ディスプレイ、ウエディングなどの要所要所の仕事をさせて頂いてます。
早く市場や活けこみ、お客様との対話がしたいな〜とウズウズする気持ちを抑えつつ、出来る事からやろうと思っています。

最近、フランス語も復活させました。
といっても、全く進歩こそしていないのですが継続は何とかで、触れていようという感じです。
いつか、いつの日か仕事を絡めて役に立つ日が来る為にをイメージして。

赤ちゃんには、約3時間おきに授乳の時間が訪れます。
唯一の栄養源。
約30分前後の時間、ほとんど動けず拘束される時間があります。
少し様子を確認してみたり、爪を切ってみたり、耳そうじをしてみたり、話しかけてみたりするのですが
30分も持たないので、この時間を「授乳本」にあてる事にしました。

「授乳本」とは、授乳中に読む本の事。(オリジナルで名付けました)

この2ヶ月半、結構な本が読めました。
ジャンルも様々で、お気に入りの「キューブリック」さんに行って本を買い込んでいます。

今読んでいる本は、「愛と美の力がこの世の全てを解く鍵」と書いてありました。
「愛」とは、恋とは違う無償の愛。
見返りを求めず、ただ相手の事を思い考え行動する事。
子供や家族しかり、お店の仲間たち、友人やお店に来て頂ける方々・・・
まだまだまだまだ、出来てませんが反省する事もたっぷりありますが、少しでも一人でも相手の方の何かしらの力になれたり、癒しになれたり、支えになれる様に精進したいと思います。 (まだまだ)

「美」とは、世の中が幸せになる事につながるのでは。
「美」とは想像力。
想像力があれば、人の気持ちを察する事も出来、すばらしい文化が生まれます。
文化があれば、今の日本のような子供社会ではなく、大人の感覚・情緒・芸術にあふれ、年を重ねる事がとても素晴らしくいとおしく思えると思います。

上手く伝えられませんが、大きくまとめるとこういう内容が書いてありました。
まだまだ知らない事や歴史もたくさんあるので、その辺りも知っていかないといけないし、日本人として日本の素晴らしい文化もこれからもっと知って行きたいと改めて思いました。

以前、ライブを企画させて頂いた事があるのですが、その時のテーマが「ミュージック イズ ビューティフル ライフ」でした。
生活に、美しい音楽、芸術、本、花、食事・・・美しいものに囲まれた生活であればきっと戦争などの無い幸せな世の中になるはず、との思いを込めた企画でした。
なかなか、まとめ伝えるまでは行きませんでしたが、良い勉強でしたしその気持ちは間違ってなかったかなと。

私という一度の人生、良い事も悪い事もたくさんの経験をしながら進んでいきましょう。
みんなで支えあいながら☆
皮のテーブル

 

伊藤氏にお願いしていた、テーブルがやって来ました。

天板に貼り付けたのは、牛皮。

うっすら、ピンクキャメル色。

皮は大好きなアイテムで、身の回りの素材も皮を選んでます。

自宅兼アトリエを創り、そこでレッスンをやろうと計画中です。

そこで、創作意欲の沸くテーブルがどうしてもほしくて。

物にも心が伝わります。

心を込めると、家にも家具にもグラスにも魂が宿ると思います。

だから魂のこもった、心に響くテーブルを置きたいと思いました。

そんな時は、いつも伊藤氏にお願いします。

まっすぐに作品に向かう姿勢、心、パワーを感じたいから。

このテーブルで、花を創りたい。

花を飾りたい。




テーブルをみていると、このテーブルに合う空間がほしくなる今日この頃。。。

まずい・・・またウズウズしてきたかも。。。

アンティーク
 
続きを読む >>